大好き!神田! フリーマーケット&野菜市場

IMG 0046
来る10月11日(土)、神田一番街商店街にて『神田東口フリーマーケット』が開催されます!

当 神田駅東口一番街商店街から神田ふれあい商店街までに約120店が出店予定です。
皆様でぜひお出かけください。

時間: 10時 ~ 18時

お問い合わせ
03-3384-6666(自動応答システム・FAX情報サービス)
03-3384-3636 (オペレータ応答/平日10時~18時)
03-3384-0676(FAX予約番号)

当日開催案内: 0180-993-121(雨天開催情報など)

ホームページ: http://www.trx.jp

大好き!神田!~フリーマーケットと音楽と笑顔の記録~

去る6月7日・8日、晴天に恵まれたこの一番街商店街におきまして、フリーマーケットが開催されました。
当日は、フリーマーケットとお馴染みのロジヨコライブも催され、いつもよりも賑やかな週末となり、たくさんの笑顔が見られました。
大変和やかな鍛冶町ではありましたが、日曜日は数キロも離れていないお隣秋葉原におきまして大変な事件がおき、上空をたくさんのヘリコプターが飛び交う騒然とした雰囲気にもなりましたがおかげさまで当催しは、何事もなく閉会することができました。

参加された皆様、足を運んでいただいた皆様、神田に来て頂きましてありがとうございました!

訪れていただいた方・参加してくださった方々にご協力いただき、『大好き!神田!』 というパネルとともに笑顔で写真を撮らせていただきましたので、是非ご覧ください。
FH000001FH000002FH000003FH000004FH000005FH000006FH000007FH000008FH000009FH000010FH000012FH000011
FH000013FH000015FH000014FH000018FH000017FH000021FH000019FH000023FH000024IMG 0025IMG 0026IMG 0027IMG 0028IMG 0029IMG 0030IMG 0031IMG 0032IMG 0033IMG 0034IMG 0035IMG 0036IMG 0037IMG 0038IMG 0039IMG 0040IMG 0041IMG 0042IMG 0043IMG 0044IMG 0045IMG 0046IMG 0047IMG 0048IMG 0049IMG 0050IMG 0051IMG 0052IMG 0053IMG 0054IMG 0055IMG 0056IMG 0057IMG 0058IMG 0059IMG 0060IMG 0061IMG 0062IMG 0063IMG 0064IMG 0066IMG 0067IMG 0068IMG 0069IMG 0070IMG 0071IMG 0072IMG 0074IMG 0075IMG 0076IMG 0078IMG 0079IMG 0080IMG 0081IMG 0082IMG 0083IMG 0085IMG 0084IMG 0086IMG 0087IMG 0088IMG 0090IMG 0091IMG 0092IMG 0096IMG 0097IMG 0098IMG 0099IMG 0100IMG 0101IMG 0102IMG 0103IMG 0104IMG 0116IMG 0117IMG 0118IMG 0119IMG 0120IMG 0123IMG 0124IMG 0125IMG 0126IMG 0127IMG 0129IMG 0130IMG 0131

フリーマーケットご参加へ御礼!

img0126月7日・8日と当商店街で催されましたフリーマーケットにご出店、ご来場いただきましてありがとうございました。
おかげさまで大変盛況のうちに終了いたしました。
写真など、会場の様子につきましてはまた改めてご報告させていただきます。

重層化工事反対アピール

demo2008_6
一番街商店街としてはJRの重層化による『東北縦貫線計画』に対し、環境・安全面から白紙撤回を要求してきておりますが、去る5月30日に神田駅近々のJR敷地内において『東北縦貫線起工式』が執り行われました。

住民感情を逆撫でする様なこうしたJR側の暴挙に対して起工式会場入り口において有志一同に商店街役員も加わり、横断幕を利用して反対の立場をアピールしました。

demo2008_1demo2008_2demo2008_3demo2008_4demo2008_5demo2008_6

フリーマーケット開催のお知らせ

fleemarket2008来る6月7日(土)・8日、神田一番街商店街にて『神田東口フリーマーケット』が開催されます!

当 神田駅東口一番街商店街から神田ふれあい商店街までに約100店が出店予定です。
皆様でぜひお出かけください。

時間: 10時 ~ 16時

お問い合わせ
03-3384-6666(自動応答システム・FAX情報サービス)
03-3384-3636 (オペレータ応答/平日10時~18時)
03-3384-0676(FAX予約番号)

当日開催案内: 0180-993-121(雨天開催情報など)

ホームページ: http://www.trx.jp

駅からハイキング&ウォーキング

ekikara0805JR東日本が主催する、『駅からハイキング&ウォーキング』が2008年2月16日に行われました。

JR神田駅南口からスタートし神田駅西口商店街までを歩きながら、江戸城址と城下町散策をテーマに神田の街を楽しんでいただく催し物で、2000人を超える参加者がありました。

当商店街では、蛇の目鮨本店が甘酒無料券 の提供を、ミニストップではミニカップソフトクリームの無料券、餃子の王将では餃子一人前100円券、東園ではおしるこ無料券を提供し、たくさんの参加者の方に喜んでいただきました。

また商店街中央ステージにおいて、昭和のフォークロックを中心としたロジヨコライブも開催し、大変にぎやかな神田一番通りとなりました。

当日のルート

神田駅南口→常磐橋→将門塚→大田道 灌の碑→皇居東御苑→神保町書店街→大田姫稲荷神社→神田明神→柳森神社→一番街商店街→神田駅西口商店街

ekikara0801ekikara0802ekikara0803ekikara0804ekikara0811ekikara0806ekikara0807ekikara0808ekikara0809ekikara0810ekikara0812ekikara0813

神田祭

kandasai5江戸三大祭りとは、日枝神社「山王祭」、浅草の「三社祭」、そして「神田祭」を指します。

 神田祭はいつ頃から行われているかというと、 天平2年(730年)に神田明神が創建されて以来、約1300年の間繰り返されてきた伝統のある祭りです。
 特に、盛んになったのは徳川幕府が江戸に開かれた慶長8年(1603年)以降で、神田明神は江戸総鎮守に定められ、神田祭は天下祭として盛大に開催されるようになりました。
 しかし、派手になりすぎたため、徳川幕府の命令により本祭は2年に1度の開催となり、本祭が行われない年には蔭祭が行われるようになりました。蔭祭はお神輿の出ない小規模なもので控えめです。
 神輿は、大小取り混ぜて100基以上が担がれ、神田・日本橋地区は大賑わいです。そのうちの約70基が神社まで巡行し、宮入を行 います。

写真は、蛇の目鮨本店のホームページから拝借。
こちらも是非ご覧ください

浮世絵で見る神田の風景

ukikonyacyo「江戸百景」(歌川広重)にも神田周辺が描かれていたことをご存知でしょうか?
現在のどの場所なのかを、探してみるのもいいかもしれません。

ここでちょっとお勉強しましょう!

“歌川広重ってどんな人?”

◆広重は寛政九年(1797年)、江戸八代洲河岸(八重洲河岸)の火消同心の安藤家に生まれます。幼名は徳太郎、大きくなると重右衛門と名乗っていました。13歳で両親を失い、初代歌川豊国に弟子入りを申し込んだが門弟が多くかないませんでした。そこで15歳で浮世絵師歌川豊広に入門。翌年、師豊広より広の一字を受け広重と名乗りました。(安藤広重と紹介されていることもあるりましすが、画人としては歌川広重)その後、27歳で火消同心の役職を退くまで画業と公務の両立を果たしていたそうです。

天保二年、葛飾北斎(72才)が「富嶽三十六景」を発刊した時と同じ頃、36歳の秋に幕府の御馬献上の一行に参加して上洛、東海道を往復する際、印象を写生しました。
それが、保永堂版「東海道五十三次」五十五枚です。

このシリーズの爆発的な売れ行きによって、広重は浮世絵界に不動の地位を手に入れることとなりました。江戸を描いた作品が数多く、その総数は千三百点に及ぶともいわれます。
「近江八景」「京都名所之内」「江戸近郊八景」、溪斎英泉との共著「木曽海道六十九次」を次々と発表。晩年60才で制作を開始した「名所江戸百景」を完成させた。しかし、安政5年、当時、大流行のコレラで62才で永眠したと伝えられています。